共働きガイド TOP → 便利な家事テク 食器棚ダイエット

食器棚ダイエット

食器棚に使わない食器や必要のないものが入っていると、見た目にも綺麗なものではありませんし、収納する気分さえ失わせてしまうかもしれません。

大小のお皿が積み重なった状態で取り出しにくいため結局使うのはいつも同じ皿なんてことはありませんか。せっかくの収納スペースを有効活用するために、食器棚のダイエットがおすすめです。

食器は予想外に増えてしまうアイテムであり、増えたとしてもなかなか捨てにくいものです。それほど高価でもないのでつい気軽に買い集めてしまったものや、景品で頂いたものが山積みになっていくことも多いのではないでしょうか。

こうして食器棚の中で身動きが取れなくなってしまうと、お皿の出し入れが不便になり、収納や配膳だけで見ても余計な時間がかかってしまいます。

食器棚のダイエットのポイントは、捨てるのではなく別にしておくことです。食器はなかなか捨てられないものなので、使わないものを厳選して別の場所に移動させるだけで、食器棚にゆとりを持って使うことができます。

同じ大きさのお皿や同じ種類のお皿は、よく使うものだけを残して食器棚から出しましょう。さらに残ったものについては、家族の人数+1枚だけを残して食器棚から出してしまいましょう。最後に残った食器だけを、取り出しやすいように食器棚に並べてください。

食器棚から出したものについては、ダンボールやプラスチックカートンなどに移して収納し、押入れにしまいましょう。

食器棚ダイエットをすると、食器が取り出しやすくなり、棚の掃除もしやすくなり、収納の手間が減るので、生活効率がアップします。


便利な家事テク


抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!