共働きガイド TOP → 困った時に利用したいサービス 病児保育

病児保育

子供が熱をだしたり、体調を崩したりする事はよくあることです。しかし、共働き家庭では病気の度に仕事を休むことが難しいのではないでしょうか。そんな時、共働き家庭のお父さんやお母さんにとって強い見方となってくれるのが病児保育です。

病児保育は、症状にもよりますが、子供が病気になったときでも子供を預かってくれる保育所のことです。病児保育の施設は、専用施設もありますが、その数はまだまだ全国的に少なく、利用できないのが現状ですが、多くの診療所や保育所に併設されている場合もあります。

病児保育を行っている施設はまだまだ少なく、定員数にも限りがあるため、必ず希望する時に利用できるとは限りません。しかし、仕事を持っている親にとっては、とても心強い味方となる存在です。

・病児保育専用施設
子供の病気が回復しないため保育園での集団生活ができず、仕事の都合により保護者が自宅で世話をすることができない場合に、一時的に子供を預かってくれる専門の施設です。施設には医師や看護士、保育士が常駐していて子供の病状にすぐに対応してくれるので、安心して預けることができます。

・保育園での病児保育
保育園の一室を病児保育用に確保して、病気の子供の保育を行う制度です。厚生労働省の乳幼児健康支援一時あずかり事業の助成によって運営されています。しかし、現在は対応できる保育園の数が、まだまだ少ないのが現状です。

病児保育の利用方法や利用条件については、各自治体によって異なっていますので、詳細については、お住まい自治体の窓口へお問い合わせください。


困った時に利用したいサービス


超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!