共働きガイド TOP → 共働きの子育て お手伝い教育

お手伝い教育

子どもを家事に介入させることは、生きていくうえでの様々なことを学ばせる良い機会になります。ここで大切なのは子供に「お手伝い」という発想を植え付けるのではなく、生活に欠かすことができない仕事を任されるという自信とプライドを持ってもらうことです。

子供がお手伝いをしてくれた後に感謝の気持ちを伝えることで、子供は人の役に立つ喜びについて学ぶのですが、これは子供が小さいうちは効果的なのですが、思春期になるにつれてありがとうでは動かなくなってしまうものです。

そのため、ここで発想を変えてみましょう。家事の基本はそれぞれの作業のノウハウについて学ぶのではなく、まずは暮らしの想像力を養っていくことにあります。

家事には、先を見越す、計画する、処理するなどの想像力が必要となります。お手伝いでは想像力は生まれません。子供が生活の中で仕事の想像力を培っていくために大切なコツがあります。

まずは掃除、風呂、食器洗いなど毎日なくてはならない家事を決めて、子供に任せてみましょう。そしてそれが今日から仕事となることを話します。

そして、仕事を決めた後は基本的なやり方について子供に教えてあげます。たとえば仕事がお風呂であれば、食後にお風呂に入りたいなら食事の前、もしくは食後すぐに準備をしなければいけないことなどの「時間の感覚」などを子供に教えましょう。

仕事を任せた後は、細かい指示はせず、結果が出ればよいと考えましょう。最初は声かけが必要になるかもしれませんが、慣れてきたら家事の時間や方法については、子どもに任せてみましょう。仕事に対する責任感や達成感を学ばせることが大切です。


共働きの子育て