共働きガイド TOP → 共働きの子育て 育児休業について

育児休業について

育児休業とは、男女を問わず子供の育児のために取得できる休暇のことです。また、育児休業は実子でなく養子であっても取得することができます。

育児休業は育児・介護休業法によって、子供が1歳の誕生日をむかえる前日までの間、労働者が申請した期間だけ休暇をとることができると定められています。また、保育所入所を希望しているのに入所できないなど一定の事情がある時は、子供が1歳6ヶ月に達するまで休暇をとることができると定められています。

育児休業を取得できる対象者は、働いていれば誰もが取得することができるわけではなく、様々な制限があります。育児休業の対象者は、原則として1歳未満の子供を養育する男女の労働者であり、日雇い労働者はこれに含まれません。

また、育児休業はもともと一定の範囲の期間雇用者が取得することはできませんでしたが、 平成17年4月に一定の範囲内の期間雇用者も育児休業を取得できるように改正されました。

上記の改正によって新たに育児休業の対象に加わった期間雇用者は、申出時点においてその事業主に雇用された期間が1年以上であること、子供が1歳の誕生日を迎える前日を超えても引き続き雇用される予定であることが条件となっています。

育児休業は、産後休業修了の翌日から、赤ちゃんが1歳の誕生日を迎える前日まで期間、休暇をとることができます。

この期間中に給与が支給されるかどうかについては、会社によって異なります。給与が支払われなくても育児休業給付金がありますので、安心して子育てに取り組むことができます。


共働きの子育て


ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム