共働きガイド TOP → 共働きの子育て 産休について

産休について

産休とは、正式名称は「産前産後休業」と呼ばれ、働いている女性が妊娠して出産する際に会社の規模などと関係なくとることができる休暇のことで、制度上誰でも利用できる権利です。

産休は、出産してもそのまま同じ会社で働き続けたいと思っている、共働き夫婦の妻にとってはなくてはならない制度です。

子供がまだいない共働き夫婦の場合、この先子供が生まれたら、このまま夫婦共働きを続けていくかどうかについて、色々な悩みがあることでしょう。産休や育児休暇を当然のようにとることができれば悩む必要はありません。

産休は、労働基準法第65条には以下のように定められています。産前休業は、申請すると出産予定日の6週間前から休暇をとることができます。双子以上の場合は14週前からと定められています。

産後休業は、申請しなくても出産後8週間の休暇をとることができます。医師の証明が受けられれば6週間目から仕事を再開することが可能です。

産前休業は、自らが職場に申請する必要がありますが、産後休業は申請の必要がなく原則として8週間は仕事をしてはいけないことになっています。

また早く復帰したくても、最低6週間は休業することが決められています。6週間を過ぎた後は、医師の許可がもらえれば働くことが可能です。

誰でも使っていいはずの産休の権利ですが、現状ではうまく機能していない企業の方が多いようです。出産後も働きたくても、実際は退職が暗黙の了解のようになっていて辞めざるを得ない方も多いのです。


共働きの子育て


ビジネス英語はマンツーマンレッスンで!
http://www.hotelrhodes.net/

アレグラ 効能
アレグラの効能なら医療関係者向けの製品情報サイトで!