共働きガイド TOP → 共働きの家計管理 全額片方負担型

全額片方負担型

共働き夫婦の中で最も多い毎月の生活費分担方法です。夫の給料で毎月の生活費の支出のやりくりをし、妻の給料を突発的な支出や貯金に回す方法です。この方法は結婚してすぐの新婚共働き家庭に多く見られる、節約を重視した家計管理方法です。

この生活費分担方法のメリットは、夫の給料の範囲内で生活のやりくりを行うため家計管理がしやすいこと、妻が出産などで休職をしたり、退職したりして収入がなくなっても生活のやりくりができる点です。

何よりも貯金がしやすく貯金目標もたてやすいのが特徴で、毎月の貯金額について悩む必要がなく、とにかく片方の収入を無いものとして全て貯金に回すことができます。

そしてお金を引き出すことなく毎月貯金していけば、片方の手取り年収分だけ貯金することができ、毎年数百万円貯金することも可能になります。

また、片方の収入で家賃や光熱費・食費などの家計全てをやりくりするので収支が分かりやすく管理も簡単になります。家計用の口座だけを確認しておけば管理ができるので簡単です。

全額片方負担型の最大のデメリットは使えるお金が少なくなってしまうのでストレスがたまってしまうことです。

もちろん個人の性格や収入額によっても異なりますが、結婚前に自分の収入を自由に使っていたのに、その収入だけで家族全員の生活費を全てやりくりしていななければいけないので当然のことです。

夫婦それぞれのお小遣いについては「夫婦お小遣い型」と同様に、2人分のお小遣いを家計から出すことになりますが、1人分の収入で全てをやりくりしなければいけない全額片方負担型では、当然お小遣いの額は少なくなってしまいます。


共働きの家計管理


http://noj-kawanishi.com/

金持ち父さんや貧乏父さんの秘訣http://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

白衣 ケーシー
白衣のケーシーなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

リキスミア 副作用
リキスミアの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!