共働きガイド TOP → 共働きの家計管理 項目別費用分担型

項目別費用分担型

夫婦同志が話し合って、支出項目の負担を二人で分担する方法です。どちらが負担すると決めたわけでなく、成り行きで負担することになるケースが多いようです。例えば夫は家賃を負担して妻は食費を負担するといった方法です。

負担する費用を分ける項目別費用分担型のメリットとして考えられるのは、家計での自分の負担額が分かりやすい点です。

自分が毎月の家賃だけを負担している場合は、自分の家計負担額が決まった額になるので金額が明確になります。光熱水費や食費などはその月によって多少増減がありますが、急激に変化することはありません。

また夫婦それぞれの資産管理が簡単になり、自由に使えるお金も多くなるというメリットもあります。毎月の費用負担さえ行えば残りはすべて自分のお金になりますので、自分の口座残高さえ把握していれば良いのです。

項目別費用分担型のデメリットとしてあげられるのは、費用分担によって不公平感が生じてしまう点です。これはとても重要な問題です。家賃のように毎月必ず一定額となる固定費の負担と食費や水道光熱費のように節約しようと思えばできる変動費の負担では不公平感が出てしまいます。

食費でいうと単純におかずが減らされたり、電気の節約を義務付けられたり意にそぐわない生活を強いられることがあります。

また、家計全体の収支が把握しづらい点もデメリットとなります。お互いの負担項目を分けてしまうため、世帯全体の資産が分かりにくく、今の生活が本当に妥当なレベルであるかどうかが分かりにくくなってしまいます。


共働きの家計管理


シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム