共働きガイド TOP → 共働きの家計管理 一定額共通負担型

一定額共通負担型

毎月決まった金額を生活費として負担し合う方法です。家計専用の夫婦共同口座をつくって、毎月お互いで決めた一定額をその口座に振り込んで家計をやりくりしていく方法です。

具体的に説明すると、毎月夫が10万円、妻が8万円などと一定額を決めて、給料が入金されたら家計専用の口座にその金額を振り込んで、その口座から家賃や水道光熱費、食費など全ての家計の支出を出す方法です。

夫婦お小遣い型ととてもよく似ていますが、家計用口座で生活費を差し引いて残ったお金を貯金でき、それとは別に夫婦それぞれの個人口座でも貯金することができます。

一定額共通負担型のメリットは、不公平感が減り、家計の収支や貯蓄額を把握できて管理が簡単な点です。家計口座に入る毎月の収入が一定となるので分かりやすく、その範囲内でいかにやりくりしていけばよいかを考えていくだけです。

また、自分の家計負担割合が分かるため責任感がわきやすくなります。これは一定額共通負担型の一番の特長であり、2人の共通のお金ができるので夫婦で協力しあって貯蓄や投資するためには最適な方法です。

自分が自由に使えるお金が多くなることもメリットになります。毎月の家計費負担金以外はすべて自分の自由になるお金になりますので、貯金したり、自分の趣味に使ったりすることができます。

一定額共通負担型のデメリットとしてあげられるのは、自由になるお金が多くなるので、お互いの貯蓄状況について把握しておかないとトラブルの元になってしまうことです。最低年に1回はお互いの貯蓄情報について把握しあい、家計全体の資産状況について考える必要があります。


共働きの家計管理


観葉植物のレンタルを東京で
http://www.rental39.com/