共働きガイド TOP → 共働き生活 共働きの保険について

共働きの保険について

保険は突発的な病気やケガなどで、治療費が必要となったり、入院で働けなくなったりした時の備えとして加入している方は多いのではないでしょうか。保険料も家計の中では意外に大きな負担になってしまいます。

しかし、共働き家庭では保険は保障が少なめになっても大丈夫な場合があります。よくある家族向けの保険では、家族の大黒柱となる夫が死亡した時のために保障が大きく、保険料が高額となってしまいます。

共働き家庭であれば、夫にもしものことがあって収入がゼロになったとしても、妻の収入があります。

また、病気やケガで一時的に働けない状態になっても、サラリーマンであれば健康保険から給料の3分の2の傷病手当金が支給されます。

夫婦それぞれが健康保険に加入している共働き家庭であれば、どちらが働けない状態になったとしても傷病手当金は支給されますので、心強い見方になります。

このように共働きでお互いが独立していて子供がいない家庭であれば、それほど高額な保険に加入する必要はなくなります。

また仮に入院や手術をしたとしても、病院に支払う医療費には上限が定められていて一般的な過程で最高月8万円程度になります。

最近では、医療の進歩によって、病気でも長期入院することはほとんどありませんので、8万円の金額を何ヶ月も支払い続けなければいけないケースも少なくなってきています。 そのため、結婚前にあまり深く考えないまま大きな保障額がついた保険を契約したのであれば、今の状況を踏まえて見直していくと、保険料をかなり安くすることも可能です。


共働き生活


ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト

静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!