共働きガイド TOP → 共働き生活 共働きの住宅事情

共働きの住宅事情

共働きに限らず生活していくうえで住宅を選ぶことは最も大切なことであり、支出としても家計の中で最も多いものです。住宅は生活の基礎となりときに家族の安らぎの場となります。

賃貸住宅なら家賃、マイホームなら住宅ローンといったように生活するうえで、必ず住宅費はかかってしまうものです。住宅費は年間100万円単位で費用がかかるものなので、住宅選びには慎重になる必要があります。

住む家についての考え方を整理していくと、現在自分達にちょうどよい住宅がどのようなものなのかが分かってきます。

結婚前はお互いワンルームに独り暮らししていたのに、結婚したとたんに2LDKや3LDKなど広い場所へ引っ越す夫婦がいるようです。また、中には結婚と同時にマイホームを購入される方もいるようです。

広めの住宅を選ぶ理由は、たいていの夫婦が将来増える子供の部屋の分を考慮しているからということです。しかし共働き夫婦にとって計画性をもった子作りが大切とはいっても、自分の理想の通りに子供を授かるとは限りません。

仮に計画通りに子供を授かることが出来たとしても、子供専用の部屋が必要となるのはまだまだ先のことで、子供部屋を使うとしても子供成人するまでの十数年間だけです。

そのため、子供が生まれるまでと、子供が成人した後は夫婦2人の生活には広過ぎであり、負担も大きくなってしまいます。

将来子供が出来ることを想定しても、とりあえず家賃負担が低いコンパクトな部屋に住んで、状況に合わせて引っ越していく方法などいろいろ考えてみるとよいでしょう。


共働き生活


アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/

品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/