共働きガイド TOP → 共働き生活 家事の分担について

家事の分担について

忙しい共働き家庭の生活では、家事や育児を平等に分担しようと考えている人は多いようです。夫婦が協力し合いながら生活していくことはとても大切なことですが、あまりに分担することにこだわりすぎてしまうと夫婦のすれ違いやトラブルの原因となってしまうこともあります。

具体的に家事を分担して役割を決めることも必要ですが、トラブルを起こさないためにも、その前にきちんとお互いの気持ちを確認しておくことが重要になります。

共働き家庭では、時間や頻度、家事の内容について作業を分担するよりも、家事全体のハードルを低くして、家族で家事を共有していこうとする発想を持つことが大切になります。共働き家庭の家事の分担について見てみると2つのパターンがあるようです。

まずは、家事の分担を決めずどちらか気付いた方が家事を行うタイプです。このタイプは夫婦がお互いに家事が好きであるととても良い方向へ進んでいきます。

しかし、どちらかが家事が嫌いだったりすると、片方だけに負担がかかることになり、いずれトラブルの原因となってしまうでしょう。

また、夫婦でそれぞれの家事の分担を決めている家庭もあり、これが多数派のようです。調査によると夫が担当している家事で最も多いのがゴミ出しとなっています。その次に多いのがお風呂掃除や町内会関連の仕事、布団干しなどがあるようです。それに対して、妻が担当する家事で最も多いのはやはり食事の支度のようです。

家事分担制のデメリットとしては、自分の担当以外の家事については、全く気が利かなくなってしまうことがあげられます。


共働き生活